こんな方に・・・|夜眠れない方へ頭皮のむくみや凝りをほぐすことで、脳が休息でき、いつの間にやら寝てしまう頭ほぐし〜すここころ〜浜松市

会員専用ページ
頭ほぐしで脳を癒す〜すここころ〜

ストレス、頭のこりからなる不調

ストレスや頭のこりが更なるストレスを生むということは前述しましたが、この更なるストレスと頭のこりが体への不調に繋がります。

ストレス

ストレスを感じると、全身の筋肉が緊張する。
もちろん、頭の筋肉も・・・

矢印

頭のこり

ストレス等が続くと頭の筋肉も緊張し続けるため”こり”となります。

矢印

ストレスストレス
”こり”というのは、筋肉が緊張して硬くなり柔軟性を失った状態。
頭のこりにより頭の血管や神経などを圧迫することで、体の情報をキャッチしたり、信号を出したりすることがスムーズに出来なくなることで、更なるストレスを生んでしまします。

矢印
目の疲れ目の疲れ
目は脳と直結する器官のため、目が疲れると頭が疲れていると脳が勘違いしてしまいます。脳が疲れるということはありません。目と頭の筋肉は繋がっているため、脳に近い頭と目をほぐすことが疲れの軽減につながります。
また、ストレスを感じると、交感神経が優位になり、目がこります。

首・肩こり肩こり
頭の筋肉と首・肩の筋肉はつながっているため、頭のこりにより血管やリンパ管を圧迫することで首・肩の血流やリンパの流れが悪くなり栄養分が不足し、乳酸などの老廃物がたまりやすいため、首こり、肩こりがおこります。
また、ストレスを感じることで同様のことが起きます。
眠れない寝不足
頭がこりで更に生まれたストレスが原因かも。
質の良い睡眠ととるには→最も深い睡眠は寝入りから3時間前後といわれています。この寝入り3時間は成長ホルモンが分泌される「ゴールデンタイム(22〜2時)」です。睡眠時間も大事ですが、何時に寝たかということも大事です。頭をほぐし、更なるストレスを軽減することで寝つきが改善されやすくなります。


頭痛頭痛
緊張型頭痛は頭から背中にかけての筋肉が緊張することで血管やリンパ管を圧迫し、頭から背中の血流やリンパの流れが悪くなり栄養分が不足し、乳酸などの老廃物がたまりやすいため、頭痛がおこると言われています。
ただ、慢性頭痛はまだ解明されていないことが多いですが、ストレス解消が有効です。ストレスが続くと、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになるともいわれています。
冷え冷え
「冷えは万病の元」といわれるほど、冷えはさまざまな病気や不具合の原因となります。
強いストレスを感じると体(筋肉)がキュッと硬くなります。すると、血管が圧迫され、全身の血流が悪くなることで体温が下がってしまいます。一度体が冷えると、体温が下がるのを防ぐために体は抹消の血管を収縮させます。


矢印

太りやすい太りやすい
睡眠時間が短いと食欲を抑制するホルモンが減少し空腹感が増してしまいます。俗にいう”ゴールデンタイム(22〜2時)”に成長ホルモンが分泌されます。中性脂肪を分解し、筋肉の修復に役立つホルモンです。成長ホルモンのピークは寝入り3時間前後のため、太りにくいからだにするためには、睡眠時間も大切ですが、何時に寝るかということもとても大切です。

肌トラブル肌荒れ
肌が生まれ変わるのは熟睡中です。俗にいう”ゴールデンタイム(22〜2時)”に成長ホルモンが分泌されます。細胞の修復(紫外線によるシミやシワなどの肌の細胞へのダメージも修復)、疲労回復、免疫向上に役立つホルモンです。成長ホルモンのピークは寝入り3時間前後のため、若々しくきれいな肌にするためには、睡眠時間も大切ですが、何時に寝るかということもとても大切です。
集中力低下集中力低下
脳の回復や記憶の定着をしているのは睡眠中です。俗にいう”ゴールデンタイム(22〜2時)”に成長ホルモンが分泌されます。脳の疲労回復、集中力の回復に役立つホルモンです。成長ホルモンのピークは寝入り3時間前後のため、仕事や勉強で成果を出すためには、睡眠時間も大切ですが、何時に寝るかということもとても大切です。


矢印

コリの上にコリが上乗せ・・・

上記のような悩みがある方は、疲れや痛みやストレスなどとして自覚できていますよね。ただ、”頭のこり”はほとんど方が自覚出来ていないものなんです。
その悩みの原因が”頭のこり”なら、お悩みの部位だけケアしてもなかなか改善されません。こりを放置していると、脳が体を守ろうと痛みを忘れさせてくれます。「なにもしていないのにコリを感じなくなった」「人に凝っているといわれるけど自分ではわからない」という風に・・・こう
なると、ちょっとやそっとのケアではすぐに元に戻ってしまう体になってしまいます。
そして、コリの上にコリが上乗せされ、悪化の一途に・・・上記のような症状がある方で、お悩みの部位をケアしても改善されない方は、”頭のこり”を疑う必要があります。

頭ほぐし

頭がこっている人

Check ストレス、悩み事、緊張、プレッシャーなど気が滅入ることが多い
Check 睡眠時間はしっかりとっているのに日中眠い
Check 寝つきが悪い、夜中に目が覚める
Check 事務、パソコンなどデスクワークが多い
Check スマートフォンを長時間見ている
Check 無意識に歯を食いしばる癖がある
Check 慢性的な頭痛、目の疲れ、肩・首こりや腰痛などがある
Check 最近、抜け毛が気になる
頭のこりは自覚症状がなかからこそ、しっかりとケアが大切です。

予約ボタン

電話予約もOK


053-522-1680

男性OK

元気に働く人たち

PageTop